やわらかすぎるマットレス・敷布団は体に負担をかけている可能性があります。

やわらかすぎるマットレス・敷布団は体に負担をかけている可能性があります。

 

やわらかすぎるマットレス・敷布団は体に負担をかけている可能性があります。

 

なんとなくやわらかい寝具ですと体の圧力が分散されて、体にはいいことのようなイメージもありますが、いいことばかりではないことも考えられます。というのは、寝ている時には寝返りという大事な動作があって、これが出来ないと筋肉が緊張して筋肉痛を引き起こしたり、快適な眠りを妨げたりするということが分かってきたからです。寝返りというのは睡眠時の大切な動作で、これによって筋肉の緊張をほぐしたり、体にかかる圧力を変化させたりしているようなのです。

 

同じ姿勢で長時間眠るというのは体に負担となるということが分かってきています。ですから、やわらかすぎるマットレスはそうしたことが考えられるということは知っておいた方がいいでしょう。ここで注意が必要なのはやわらかすぎるというところです。寝具がやわらかなこと自体が問題なわけではありません。固いところの上で寝るのがいいといっているわけではないのです。ある程度の力を分散させるというためにも、ある程度の柔らかさは必要といえます。ですが、やわらかすぎると問題となるのです。特に一昔前には、この柔らかさというものを広告として、必要以上にやわらかくなるものが人気なったことがあります。

 

体がマットレスに沈み込んで動けなくなってしまうようなものも登場していました。これによって自然な寝返りというものが出来なくなってしまったようなものあります。そのようなものには注意が必要です。眠っていて不自然さを感じる、寝返りがうちづらい、快適な眠りにならないといったようなことを感じる時には、マットレスや敷布団を検討してみるというのも一つの方法です。体に負担をかけないというのは、身動きがとれなくなるほどやわらかいということではないということを知っておき、自分に合ったマットレスを選ぶようにするといいでしょう。人によって体格は違うので、合うマットレスも違ってきます。

ホーム RSS購読 サイトマップ